仮想通貨で億り人になるには?億り人の現在や注意点についても解説

圧倒的な資金流入と注目度を誇る仮想通貨は現在に至るまで大幅な価格上昇を記録しており、2017年に至っては前年比20倍以上の大暴騰という未曽有のブームを巻き起こしました。そして、そういった歴史的イベントの裏ではビットコインなどの仮想通貨に投資して億越えの資産を築き上げた「億り人」という投資家が誕生しており、多くの一般層から注目を集めています。

本記事では、これから資産形成を目指す方に向けて億り人の現在とその後の動向、チャレンジする際の注意点についても確認していきましょう。

億り人とは

億り人 とは

一般的に「億り人」とは、株式やFXといった金融商品に投資して「1億円以上の資産を形成した人」を指しており、特に近年はビットコインのイメージが強く定着している傾向です。また、イーサリアムなどのアルトコインで億越えを達成した方も大変多く、比較的メディアでクローズアップされない反面、仮想通貨市場が保有する選択肢の豊富さを物語るモデルともいえるでしょう。

ただし、ここで注意したいのは仮想通貨の利益に対する税金です。現在明確な規定はされていないものの、暫定的に海外FXと同じ「雑所得」の「累進課税」が採用されているため、最大税率は45%が適用されてしまいます。すなわち、1億円の資産を残すには最低でも約2億円の売買差益をださなくてはなりません。

後で詳しく触れていきますが、たまたまラッキーで億り人になれた初心者はその重大な注意点を見逃してしまい、逆に破産を招く事態にも陥っています。

億り人になれた背景

億り人 背景

ここからは、仮想通貨市場で億り人になれた背景をより具体的に見ていきましょう。ビットコインとアルトコインに分けて解説していくため、今後の投資に役立ててください。

ビットコインの価格変動

ビットコインは仮想通貨における祖であり、ブロックチェーンが拡散したきっかけともいえるでしょう。実際のところ2008年にリリースされた当初は1BTCあたり0.08円という今では考えられないような水準でしたが、その後5年程度で100倍以上に相当する10万円にまで価格が高騰しています。

ただし、実際のところ0円台で購入できた個人投資家はほとんど存在しておらず、多くの場合はまだ比較的手がだしやすい数万円の段階である程度まとめて保有を始めた集団です。一見すると初動を掴み損ねているようにも思えますが、2021年後半のビットコイン価格は500~700万円程度を推移していることから、たった20通貨程度を持っていれば億り人になれた計算になります。

当然そこには未開拓の領域へ踏み込む勇気や先見性が要されましたが、低価格のトークンに投資するスタイルをメジャー化した礎となったことは間違いないでしょう。

アルトコインの高騰

ビットコインの需要拡大を皮切りに、送金決済のスペック向上やスマートコントラクトといった機能を搭載した後発トークンが続々と誕生していきました。市場ではそれらを全て一括りに「アルトコイン(Alternative Coin)」と称しており、現在メジャーなリップやテザーなども含まれています。

もちろん資金流入経路の類似性が高いビットコイン価格とも連動しており、2017年頃には軒並み価格が高騰しました。たとえば、日本初の仮想通貨として知られているモナコインはリリース当初と比較して実に300倍以上、イーサリアムも10倍を超えていることから、アルトコインを利用して億り人に昇華した投資家も決して少なくはないのです。

当然現在においても注目度の高い通貨には資金が集中しやすく、メタバースやNFT、ブロックチェーンゲームの登場によってさらに勢いが加速する期待が持たれています。

億り人のその後と現在

億り人 その後と現在

次に、巨額の富を築き上げた億り人の現在の姿を解説します。2017年に発生した仮想通貨ブームは過去類を見ないほどの成功者を送り出しましたが、実は翌年には一時的な過熱感の減退によって大幅な下落を見せました。そこで論点となるのが、「そのタイミングでどのようなアクションを取ったか」というポイントであるため、初心者はきちんと把握しておきましょう。

2018年の暴落相場における分水嶺

仮想通貨に限らず、金融相場というものは上昇と下落を永遠に繰り返す性質を持っています。当然小規模な波で収まるケースもありますが、2018年は市場の熱が一時的に冷めたことに加えて、「実体を持たない通貨」に対する不確実性がクローズアップされた動向によって、大幅な暴落相場を形成するに至ったのです。

そして、レバレッジをかけて資金額以上の取引を行っていた投資家は軒並み破産、億り人に到達する前に早とちりして利確してしまったケースも少なくないでしょう。一方、現在生き残っているイーロンマスク氏や億り人達は、そういった一過性の下落トレンドをきちんと俯瞰して、現物取引に徹しつつ仮想通貨を保有し続けた層なのです。

税金の支払いができずに破産

先ほど触れた通り、仮想通貨の利益は暫定的に海外FXと同じ累進課税方式が適用されているため、約5000万円の利益を利確した時点で45%の税率が課されます。すなわち所得控除を考慮しなければ1億円に対して4500万円の支払い義務が発生するということです。実際のところ肝心の税制面を知らないまま投資を行っていた初心者も大変多く、たまたま億り人になってしまった集団はなんの計画性もなしに「全ての利益」を道楽に使い果たすケースも少なくありませんでした。

当然そうなれば翌年以降に発生する住民税の支払いは困難となり、万が一確定申告を忘れてしまえばペナルティを負担しなければならないでしょう。ある意味で仮想通貨の夢と現実を体現したモデルケースともいえます。

仮想通貨投資で億り人になるには

億り人 なるために

次は今後の仮想通貨投資で億り人になるためのポイントを整理していきましょう。現在チャレンジを検討している方は、生き残る術としてもきちんと把握しておいてください。

利益チャンスとリスクを把握する

法整備や保有率の規制が整っている株式や、各国の中央銀行が介入するケースも多いFXとは異なり、新興市場である仮想通貨は規格外のボラティリティとなっています。たとえば、米ドル円の価格変動が1日1円程度であることに対し、ビットコイン相場はたった数時間で数十万円の値が動くのです。

したがって、仮想通貨投資では常に利益を得るチャンスと損失リスクが表裏一体という認識を持ちつつ、常に市場動向の観察を継続しなければなりません。一方、プラットフォームによってはただ預け入れるだけで収入が得られるステーキングやローンチプールといったサービスも展開しているため、積極的にリスクを取る裁量取引と並行してポートフォリをを作成してみるのもおすすめです。

アルトコインへ投資する

仮想通貨投資といえばビットコインを連想する投資家が大多数となっていますが、結論として1,000万円程度の資金がない場合、今から参入しても遅いといえます。その理由としてまず挙げられるのが市場における価格であり、たった0.01BTCを購入するだけでも約5万円が必要となるからです。

加えて、今後見込める伸びしろも限定的であることから、既に長期保有よりも乱高下を利用した売買差益に特化した銘柄となっています。したがって、今から億り人を目指すのであれば比較的知名度のあるアルトコインがおすすすめであり、エンジンコインやXANALIA、リップルといった価格が安く将来的な期待値も高い銘柄を狙った方が良いでしょう。

また、現在はブロックチェーンを応用した新技術が多数ローンチされているため、特化している分野で需要が高まるかどうかも注目するべきポイントです。

草コインへ投資する

アルトコインよりもさらに潜在性を活かしたい方は、低価格で知名度も低い草コインに投資してみても良いでしょう。現在は膨大な種類の銘柄が開発されていることから、将来性の見極めには多大な労力が伴う一方、1万円程度あれば十分まとまった通貨量が保有できるメリットもあります。

そして、何らかのきっかけで数百倍にまで価格が高騰すればビットコイン相場の再来になる可能性もあるため、少しでも気になった際は積極的に投資してみてください。

億り人を目指す上で注意するべきポイント

億り人 注意するポイント

次は、億り人を目指す上で注意するべきポイントについて見ていきましょう。仮想通貨相場は大きな利益が見込める一方、詐欺や破綻のリスクも伴います。健全な投資を行うにはそれらをきちんと把握する必要があるため、初心者はぜひ参考にしてください。

詐欺コインに注意する

非中央集権管理を採用しているブロックチェーンは、一定のITリテラシーを保有していれば誰でもトークン(仮想通貨)が発行できる特徴を持っています。もちろん様々な企業や個人投資家にとって自由度の高い魅力的な環境といえますが、「将来的に高騰する」という文句で初心者を騙す詐欺コインには注意しなければなりません。

事実、月利数十%の利息を与える名目で数億円分の利益を得た後に逃亡する犯罪集団がメディアに取り上げられるケースも多く、韓国産の大人気ドラマ「イカゲーム」の名前だけをモチーフにしたイカコインでも多額の被害が発生しています。

そういったトークンは一見すると健全な草コインを装っているため、初心者には判断しきれない可能性もあるでしょう。そのため、ある程度経験を積むまでは信頼のおける取引所のみで投資を行うのがおすすめであり、決して個人伝いで流れてきた甘い誘いには乗らないのが鉄則です。

税金の支払いに注意する

先ほど触れた通り、仮想通貨投資においては税金の支払いに注意しなければなりません。現在適用されている累進課税方式の税率は以下の通りであるため、利益がでた際は必ず「自分がいくら支払うのか」を試算して、まとまったお金を残しておきましょう。

課税金額 税率 控除金額
1,000~1,949,000円 5% 0円
1,950,000~3,299,000円 10% 97,500円
3,300,000円~6,949,000円 20% 427,500円
6,950,000円~8,999,000円 23% 636,000円
9,000,000円~17,999,000円 33% 1,536,000円
18,000,000円~39,999,000円 40% 2,796,000円
40,000,000円以上 45% 4,796,000円

参照:国税庁HP

500万円を稼いだ時点で約100万円の税金を支払う義務が発生することから、確定申告を行った翌年に慌てないよう、事前に確認するようにしてください。

まとめ

本記事では億り人の概要やこれからチャレンジする際の注意点について解説してきました。仮想通貨は2018年に一旦の下落相場を形成しましたが、2020年以降は再び活性化しており、新たなチャンスが掴めるマーケットに返り咲いています。

また、NFTやメタバースの登場によって様々なトークンもリリースされているため、むしろビットコインよりもアルトコインの方が注目度は高いといえるでしょう。もし現在仮想通貨投資に興味を持っている方は、本記事で触れてきた注意点を参考に多くの利益を狙ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close