初心者が仮想通貨(ビットコイン)を取引する方法は?おすすめ取引所も解説

2008年にビットコインが誕生してから現在に至るまで、市場には様々な仮想通貨がリリースされてきました。いずれも既存サービスに新たなビジネスモデルを与える可能性を秘めており、最も有望視されている領域といっても過言ではないでしょう。

一方、具体的な始め方が分からないためにチャレンジできていない方も少なくありません。そこで本記事では、ビットコインをメインにした仮想通貨取引の流れや注意点、おすすめの取引所を解説します。

初心者が仮想通貨取引を始めるステップ

初心者 仮想通貨 始めるステップ

まずは全ての取引所に共通する仮想通貨の始め方を、以下6つのステップに分けて解説していきます。

  • 準備
  • 口座開設
  • 入金
  • 仮想通貨の購入
  • 出金

どのプラットフォームでもおおまかな流れは変わらないため、ぜひ参考にしてください。

口座開設の準備

最初に取引所の口座開設に利用する以下4点を準備していきましょう。

  • 銀行口座
  • 仮想通貨取引の資金(日本円)
  • 仮想通貨取引に利用するデバイス(パソコンやスマートフォン)
  • 本人確認用の書類:運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど

本人確認書類に関しては顔写真が付いているものを選び、資金は最低でも3万円程度を想定しておくのがおすすめです。一方、現在は取引ツールのユーザビリティが向上しているため、スマホしか持っていなくても十分優位性の高い取引が行えます。

口座を開設する

次はさっそく仮想通貨取引所の口座開設に進んでいきましょう。基本的に維持手数料や開設コストは発生しないため、気軽に手続きしてください。画像付きの具体例は後ほど触れますが、大まかに以下の流れを想定しておけば問題ありません。

  • 仮想通貨取引所の公式ページにアクセスする
  • 新規登録ページに必要な情報を入力する
  • 届いたメールから本登録をする
  • 本登録で必要な情報を入力する
  • 本人確認
  • 口座開設完了

本登録の情報が本人確認書類と相違していると、正常に口座が開設できない可能性があることから、あらかじめきちんと内容を確認してください。

入金を行う

口座開設を終えたら、ビットコインなどの仮想通貨を購入するための資金を入金していきます。入金方法は主に3種類となっており、取引所と自身が利用している金融機関双方の手数料を事前にチェックしておきましょう。

まず最もスタンダードな銀行入金は口座から直接振り込むだけで反映される一方、営業時間によっては少々時間がかかるケースもあります。そのため、もし取引所と金融機関が提携している場合は即日反映の「クイック入金」の方がおすすめです。もちろんクレジットカードでも行えるため、利用限度額に注意して利用してみてください。

仮想通貨を購入する

無事に入金が反映された後は、仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入していきましょう。参考までに、多くの仮想通貨取引所では「販売所」と「取引所」という2種類のマーケットを展開しており、それぞれで通貨の供給方法が異なっています。

まず販売所は仮想通貨の販売業者がスプレッドというコストをマークアップした価格で販売しており、比較的取引しやすいことから初心者におすすめです。対して取引所は株式投資のようにユーザー同士が直接売買を行うため、スプレッドが安い反面思い通りの価格で購入できないケースも少なくありません。

初めての取引においては両方の特徴を把握してチャレンジしてみてください。

出金を行う

売買を通して利益を獲得したら、日本円などの法定通貨に換金して出金を行いましょう。もちろん取引所ごとに手数料が異なり、事前に本人確認を要求される点にも注意が必要です。

また、仮想通貨に関する利益は現在「雑所得」として認識されているため、年間で20万円を超えた際は確定申告についても忘れないようにしてください。

初心者におすすめの仮想通貨取引所

初心者 おすすめ 取引所

ここからは、初心者におすすめの仮想通貨取引所を7つ解説します。それぞれの特徴やサービスを把握して、効率的に運用していきましょう。

Coincheck(コインチェック)

Coincheckは2014年からサービスを開始している仮想通貨取引所であり、国内では最多水準となる16種類の仮想通貨を取り扱っています。初心者にも扱いやすいUIやスマホアプリも魅力となっており、シンプルな操作で簡単に取引が行えるでしょう。

また、各種手数料が無料に設定されている点も利便性が高く、より低コストで投資にチャレンジしたい方には特におすすめの取引所です。

DMM Bitcoin

2018年にローンチしたDMM Bitcoinは、様々金融サービスを手掛けるDMMグループによって運営されています。無料提供されているスマホアプリからは現物やレバレッジ取引といった多彩な手法が簡単に切り替えられるだけでなく、手数料無料のクイック入金に対応しているため、チャンス相場で口座残高が足りなくなってもスピーディーに立ち回れるでしょう。

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットが運営している取引所であり、社会的な知名度を重視する方には特におすすめできます。新興市場の仮想通貨はセキュリティ面で少々不安な点が否めませんが、GMOクリック証券の技術を応用したプラットフォームなら安定した取引環境が利用可能です。

また、売値と買値の価格差であるスプレッドが他の取引所に比べて狭い点も人気の理由となっており、エンジンコインやステラルーメンといった銘柄を積極的に採用している特徴も持っています。

bitbank(ビットバンク)

bitbankは国内最大の取引量を誇る仮想通貨取引所であり、ユーザー同士が直接売買する「取引所」で比較的思い通りの価格が通る可能性があります。また、スマホアプリも初心者向けの見やすいレイアウトとなっており、業界でも低水準に設定された各種手数料で低コストな運用が実現するでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerはゴールドマン・サックス社で活躍していたトレーダーが創業した仮想通貨取引所となっており、大手企業が出資している信頼性の高いプラットフォームとなります。数ある競合の中でもトップレベルのビットコイン取引量を誇る上に、仮想通貨関連の多彩なサービスを提供している点も魅力といえるでしょう。

ただし、ビットコインキャッシュやイーサリアムを除くアルトコインについては販売所でしか取り扱っていないため、スプレッドが割高になってしまうリスクについては考慮しておきましょう。

SBI VCトレード

SBI VCトレードはネット証券・銀行・FXといった様々金融サービスを展開しており、業界的な知名度と信頼性についてはもちろんトップクラスです。また、出金手数料がたったの50円で済むため、無料に設定されている取引・入金手数料とあわせれば大変低コストなプラットフォームといえます。

参考までに、レバレッジの最大倍率は約100倍であることから、少ない手元資金で多額のリターンを狙いたい方にもおすすめの取引所です。

Zaif

Zaifは通常の銘柄に加えてICOの取扱いも充実しており、ニッチな仮想通貨を求めている方から人気の高い取引所となっています。また、独自のZaifトークンを独占的に販売している点も他社にはない魅力であり、当然プラットフォームのユーザビリティも初心者から中上級者まで満足できる水準です。

一方、本人確認が完了するまでは口座維持手数料が発生する比較的珍しい課金形態を採用しているため、不測のコストが発生しないように注意しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)取引のポイント

仮想通貨 取引 ポイント

次はビットコインなどの仮想通貨を取引する際に注意するべきポイントを見ていきましょう。安全性を高めるためにも、ぜひ参考にしてください。

リスク回避を第一に考える

仮想通貨取引を始める際は、株式取引やFXと同じように「どういったリスクがあるのか」を考慮しつつ、常に回避方法を想定しておかなければなりません。特に仮想通貨は新興市場であることから、強烈な価格変動やハッキング被害も散見されるため、適切に対処して自己資金を保全するようにしてください。

余剰資金で投資する

投資全般の共通点でもありますが、投入する資金は基本的に喪失しても生活に支障のでない余剰資金で行わなければなりません。また、いくら稼げる見込みがあるからといって消費者金融や他人からお金を借りる行為もご法度であるため、現在資金が十分にない方はある程度貯蓄できるまで待った方が良いでしょう。

アプリから始める

仮想通貨取引所のほとんどはスマートフォンから簡単に取引できるアプリを提供しており、全体的に初心者が取引しやすいUIを提供しています。そのため、まだ取引に慣れていない初心者にとってはパソコンよりもおすすめであり、プラットフォームごとの異なる機能を把握すれば、より効率的な投資が行えるでしょう。

分散投資をする

仮想通貨は通貨の種類ごとにボラティリティが大きく異なり、時には急激な乱高下によって資産を喪失してしまうケースもあります。また、相場環境は刻一刻と変動する生き物といっても過言ではなく、昨日まで利益をだしていた手法が突然通用しなくなることも珍しくないでしょう。

そのため、仮想通貨取引においては1つの銘柄に資金を集中させず、最低でも2つ以上に分散するのがおすすめであり、様々な相場環境を活用してリスクヘッジを徹底しなくてはなりません。

仮想通貨取引所の始め方

仮想通貨取引所 始め方

ここからは国内最大手であるCoincheckを例に挙げて、ビットコインなどの仮想通貨取引を始める方法を具体的に見ていきましょう。初心者でも簡単に手続きできるため、ぜひ参考にしてください。

アカウントを登録する

まずはCoincheckの公式ホームページにアクセスして、右上の「会員登録」をクリックしましょう。

コインチェック アカウント登録

参照:Coincheck

次にメールアドレスとパスワードを入力し「私はロボットではありません」にチェックを入れて「会員登録」をクリックしてください。

コインチェック 会員登録

参照:Coincheck

下部の「会員登録」を選択すると登録したメールアドレス宛てに認証メールが届くため、本文に記載のURLから認証を完了させてください。

本人確認を進める

必要事項を入力した後は、本人確認書類の提出に進んでいきましょう。具体的には書類に加えて本人の顔写真撮影を行いファイルをアップロードする形であり、審査が完了してから数日後に全機能がアクティブの状態になります。

先ほど触れた通り出金する段階でほぼ必須となるため、なるべく早めに済ませておくのがおすすめです。

まとめ

本記事では初心者におすすめの取引所やビットコインなどの仮想通貨を取引する際の注意点について解説してきました。仮想通貨はダイナミックなボラティリティと多彩な銘柄が魅力であり、余剰資金での運用と資金の分散を徹底すればより安全に投資が行えるでしょう。

現在はこれまで経験のない方でもスムーズに操作できるツールがリリースされているため、現在興味を持っている場合はぜひ本記事を参考にCoincheckの口座開設から始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close