仮想通貨取引所のスプレッド徹底比較|コストを抑える方法についても解説

仮想通貨投資はダイナミックな値動きと多彩な銘柄が魅力ですが、FXなどと比較すればスプレッドが広いことが多いため、初心者には思わぬコストになるケースも少なくありません。

「スプレッドが広く利益が上がらない」「コストの抑え方が分からない」本記事ではそのような悩みを持つ方に向けて、スプレッドを抑えるコツやおすすめ取引所を解説します。仮想通貨投資で効率的に利益を得るためにも、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨 スプレット

仮想通貨取引におけるスプレッドとは取引所が指定する売値と買値の価格差を指しており、たとえば1BTCあたり505万円で売却価格が500万円と仮定するとスプレッドは5万円ということになります。また、各取引所や銘柄によっても変動する特徴を持っており、時間帯や祝祭日による相場の流動性も大きく影響を及ぼすことから、仮想通貨の売買においては特に注意するべきポイントといっても過言ではないでしょう。

当然スプレッドは仮想通貨取引所の利益であると同時に投資家にとってのコストとなるため、最大限幅が狭いプラットフォームを見つけるのがおすすめです。そして、取引所内のマーケット区分である「販売所」と「取引所」によっても違いがあります。ここからはそれぞれの特徴や仕組みを詳しく解説していくため、「見えない手数料」と称されるコストを制して、効率的な資産運用を行ってください。

販売所と取引所の違い

「販売所」と「取引所」は初心者が最初に躓きやすいポイントですが、下表のような特徴を押さえれば誰でも簡単に把握できるでしょう。現在チャレンジを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

販売所 取引所
取引相手 Coincheckやbitflyerなどの業者 同じ取引所のユーザー
メリット ・業者が相手なのでほぼ必ず売買できる
・自分の希望価格が通りやすい
・購入したいユーザーの決めた値段と合えば、希望価格で購入できる
・スプレッドが狭い
デメリット ・スプレッドが広い ・売りたい人(買いたい人)がいなければ購入(売却)できない

この通り、販売所における取引は業者が相手であるためほぼ必ず売買できる一方、基本的にスプレッドが広く、コストが拡大する傾向にあります。そのため、初心者のうちは要領が掴めない可能性もありますが、取引所の方が価格選択の自由度が高くおすすめです。

おすすめ仮想通貨取引所15選

仮想通貨取引所 おすすめ

ここからは、現在主要とされているおすすめの仮想通貨取引所を15社に絞って解説していきます。それぞれ独自のサービスや特徴があるため、選定に悩んでいる方はきちんと把握しておきましょう。

Coincheck

運営企業 コインチェック株式会社
提供サービス ・レンディングサービス
・NFTマーケットプレイス
・Coincheckつみたて
・Coincheckでんき/ガス
上場銘柄 BTC,ETH,ETC,LSK,XRPなど17種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:0円
取引手数料(取引所) ・Maker :0.00%
・Taker :0.00%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所:約30万円
取引所:0円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所:約3万円
取引所:0円

Coincheckは2012年に設立された仮想通貨取引所であり、アプリの使いやすさや手数料の安さに定評があります。

現在は17種類もの銘柄を取り扱っており、国内では最多水準といえるでしょう。
また、仮想通貨取引以外にも毎月自動積立が行える「Coincheckつみたて」、ビットコインで電気料金が支払える「Coincheckでんき」なども提供していることから、投資から日々の生活にも活用できるプラットフォームです。

bitFlyer

運営企業 株式会社bitflyer
提供サービス ・レンディングサービス
・決済サービス
上場銘柄 BTC,ETH,XRPなど13種類
最小発注金額 ・500円以上
手数料 ・販売所取引:無料
・取引所取引:0.01〜0.15%
・銀行振り込み入金:220円〜
取引手数料(取引所) ・Maker :0.01〜0.15%
・Taker 0.01〜0.15%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所:約50万円
取引所:6000円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所:約3万円
取引所:約100円

bitFlyerは初心者でもスムーズに取引できるユーザビリティの高いインターフェースが魅力の仮想通貨取引所であり、最大レバレッジ2倍の「Lightning FX」も多くの投資家から利用されています。また、2017年には三井住友銀行や第一生命保険といった大手企業が資金提供した経緯もあり、運営の安定性においては一定以上の信頼が置けるでしょう。

bitbank

運営企業 ビットバンク株式会社
提供サービス ・レンディングサービス
上場銘柄 BTC,ETH,LTCなど11種類
最小発注金額 ・500円以上
手数料 ・販売所取引:無料
・取引所取引:0.01〜0.15%
・銀行振り込み入金:550円〜
取引手数料(取引所) ・Maker :-0.02%
・Taker 0.12%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所:約20万円
取引所:600円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所:約2万円
取引所:約170円

国内における仮想通貨取引量No.1(2021年2月14日CoinMarketCap調べ)を獲得したbitbankは、安価な手数料でより多くのアルトコインが取引できる仮想通貨取引所です。

たとえば、Coincheckの「取引所」では現在ビットコインやイーサリアムといった5種類のみの銘柄しか取引できませんが、Bitbankはモナコインなども合わせて11種類もの取引が行えます。また、Maker手数料がマイナスとなっているため、本来であれば支払うべきコストを報奨金として受け取ることができるプラットフォームです。

BITPOINT

運営企業 株式会社ビットポイントジャパン
提供サービス ・レンディングサービス
上場銘柄 BTC,ETH,XRPなど11種類
最小発注金額 ・500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:0円
取引手数料(取引所) ・Maker :0円
・Taker 0円
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所:約20万円
取引所:0円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所:約2万円
取引所:0円

BITPOINTは現物とレバレッジ両方の取引が可能となっており、全ての手数料が無料に設定されている点も人気の理由です。2段階認証やマルチシグネチャの採用、コールドウォレットでの保管といった証券会社と同等水準のセキュリティを導入しているため、初心者から上級者まで安心して利用できる取引所といえるでしょう。

マネックスビットコイン

運営企業 マネックスグループ
提供サービス ・CFDサービス
上場銘柄 BTC,ETH,XRP,BCHの4種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金 0円
取引手数料(取引所) ・Maker : ー
・Taker :ー
取引ツール ・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: ー
取引所: ー
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: ー
取引所: ー

マネックスビットコインはCoincheckと同じくマネックスグループが運営しているプラットフォームですが、CFD取引をベースとしていることから、仮想通貨取引所としては認知されていません。ただし、差金決済であるCFDの特性を活かして「空売りエントリー」が行える点は利便性が高く、現物取引では実現できないスタイルが実践できる証券会社です。

Zaif

運営企業 株式会社カイカエクスチェンジ
提供サービス ・コイン積立
・ソーシャルチップ
上場銘柄 BTC,XEM,MONAなどの6種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金 110円
取引手数料(取引所) ・Maker :0%
・Taker 0.1%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約40万円
取引所: 約1万円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約3万円
取引所: 約4000円

Zaifはビットコインやイーサリアムなどの主要コインに加えて、フィスココイン、カイカコインなどの比較的ニッチなトークンも取り扱っている仮想通貨取引所です。また、独自発行のZaifトークンももちろん投資商品として運用できるため、Zaifの動向次第では急騰する可能性も十分見込めるでしょう。

特に現在休止している「コイン積立」サービスも再開されれば、より利便性の高いプラットフォームになる期待が持てます。

GMOコイン

運営企業 GMOコイン株式会社
提供サービス
上場銘柄 BTC,XEM,ETHなどの15種類
最小発注金額 約60円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:0円
取引手数料(取引所) ・Maker :-0.01%
・Taker:0.05%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約20万円
取引所: 約5000円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約1.5万円
取引所: 約1000円

GMOコインは2021年に実施されたオリコン顧客満足度調査において「取引のしやすさ」「手数料の妥当性」でNo.1を獲得した実績を持っており、実際のユーザビリティも大変高水準となっています。また、大手GMOインターネットグループの傘下という点も信頼性向上に寄与しており、エンジンコインなどの新興通貨を積極的に採用している点も魅力です。

DMM Bitcoin

運営企業 株式会社DMM Bitcoin
提供サービス
上場銘柄 BTC,XEM,LTCなどの12種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:110円
取引手数料(取引所) ・Maker :0%
・Taker:0.1%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約10万円
取引所: 約1万円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約1万円
取引所: 約4000円

国内最大手のネット金融プロバイダーであるDMMグループが運営するDMM BItcoinは、他の取引所よりもスピーディー且つ便利に新興銘柄が取引できる特徴を持っています。LINEを用いたカスタマーサービスも初心者にとっては利便性が高く、24時間365日いつでもサポートしてもらえるでしょう。

LINE BITMAX

運営企業 LVC株式会社
提供サービス ・レンディングサービス
上場銘柄 BTC,XRP,LTCなどの6種類
最小発注金額 5000円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:400円
取引手数料(取引所) ・Maker : ー
・Taker : ー
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約10万円
取引所:  ー
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約1万円
取引所:  ー

LINE BITMAXは大手SNSのLINEの1機能としてリリースされたプラットフォームであり、アプリを起動すれば即座に取引が始められる他社では真似できないユーザビリティを備えています。もちろんLINEPayの資金利用も可能となっており、日本でも有名な企業が運営している安心感も人気の理由です。

Liquid by Quoine

運営企業 QUOINE株式会社
提供サービス ・レンディングサービス
上場銘柄 BTC,XRP,ETHなどの5種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:500円〜
取引手数料(取引所) ・Maker :0%(BTC), 0.05%(ETH)
・Taker :0%(BTC), 0.05%(ETH)
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約3000円
取引所: 0円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約1万円
取引所: 約600円

Liquid by Quoineは日本円のみならず米ドルやユーロ、香港ドルといった多彩な法定通貨に対応しているため、為替や仮想通貨相場を考慮した様々な売買パターンを選択することが可能です。取引所での手数料も「BTC/JPYとQASHを含む通貨ペア」に関しては無料となっていることから、他社よりもコストを抑えてビットコインを取引したい方は、特におすすめといえるでしょう。

BTCBOX

運営企業 BTCボックス株式会社
提供サービス ・レンディングサービス
・あんしん定期購入
上場銘柄 BTC,BCH,LTC,ETHの4種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:0円
取引手数料(取引所) ・Maker :0.05%(BTC),0.10%(ETH)
・Taker :0,05%(BTC),0.10%(ETH)
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約20万円
取引所: 約11万円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約3万円
取引所: 約9000円

BTCBOXは他の取引所にはない独自サービスを展開しており、保有している日本円とビットコインの合計額の2倍相当額までの貸し付けが受けられる仮想通貨融資は特におすすめです。ビットコインを中心に取引している方には時に役立つことから、いつでも利用できるように口座開設だけでも済ませておくと良いでしょう。

SBI VCトレード

運営企業 SBI VCトレード株式会社
提供サービス
上場銘柄 BTC,BCH,XRP,LTC,ETHの4種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:0円(住信SBIネット銀行)
取引手数料(取引所) ・Maker :0%
・Taker :0%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 0円
取引所: 0円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 0円
取引所: 0円

投資に興味のある方ならば「SBI」の名を一度は目にするでしょう。様々な金融商品を手掛けるSBIグループが運営するSBI VCトレードはこれまでの経験で培った資金保全のノウハウをフルに発揮した仮想通貨取引所であり、住信SBIネット銀行の口座と連携させることで手数料に関しても無料となります。

OKCoin Japan

運営企業 オーケーコイン・ジャパン株式会社
提供サービス
上場銘柄 BTC,ETH,XRPなどの9種類
最小発注金額 500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:400円〜
取引手数料(取引所) ・Maker :0.07%
・Taker :0.14%
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: ー
取引所: 約5万円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: ー
取引所: 約3万円

OKCoin Japanは中国の大手仮想通貨取引所であるOKGroupの傘下であり、グループ全体の経験やノウハウを生かしたサービスを可能にしています。

その1つとして注目しておきたいのが、AIを組み合わせた自動売買サービスの「QUOREA」です。仮想通貨業界におけるカッティングエッジともいえるため、チャートをチェックする時間が確保できない方や、取引に自信のない初心者もぜひ利用してみてください。

楽天ウォレット

運営企業 楽天ウォレット株式会社
提供サービス ・楽天ポイント交換サービス
・楽天キャッシュチャージ
上場銘柄 BTC,ETH,BCHの3種類
最小発注金額 100円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:300円
取引手数料(取引所) ・Maker : ー
・Taker : ー
取引ツール ・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約30万円
取引所: ー
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約1500円
取引所: ー

楽天ウォレットは名称から推察できる通り、大手ECサービスで有名な「楽天グループ」が運営している仮想通貨取引所です。仮想通貨投資に楽天ポイントを利用できる点は他社にはない最大のメリットであり、1ポイント1円相当で仮想通貨に交換することができます。

参考までに、普段から楽天カードなどを利用していれば現金なしで仮想通貨投資が始められるため、現金を使いたくない方にとっては大変有用性の高いプラットフォームといえるでしょう。

Huobi Japan

運営企業 フォビジャパン株式会社
提供サービス
上場銘柄 BTC,ETH,XRPなどの10種類
最小発注金額 2500円以上
手数料 ・販売所取引:0円
・取引所取引:0円
・銀行振り込み入金:330円〜
取引手数料(取引所) ・Maker :0.008〜0.100%(BTC)
:0.012〜0.150%(ETH)
・Taker :0.024〜0.100%(BTC)
:0.036〜0.150%(ETH)
取引ツール ・パソコン
・スマホ
ビットコインの平均スプレッド 販売所: 約20万円
取引所: 約1万円
イーサリアムの平均スプレッド 販売所: 約2万円
取引所: 約4000円

Huobi japanの大きな特徴は「フォビトークン」という独自トークンを取り扱っている点であり、売買差益はもちろん保有量に応じた手数料のディスカウントも大きな魅力です。また、Huobiグループは2019年に第三者機関から世界最高水準のセキュリティという認定も受けているため、安全性重視の投資家にとっては最適な環境ともいえるでしょう。

仮想通貨取引のスプレッドを抑える3つの方法

仮想通貨 スプレッド 抑える

ここからは、仮想通貨取引におけるスプレッドを抑える方法を5つチェックしていきましょう。より利益率を高めるには重要なポイントであるため、ぜひ参考にしてください。

取引量自体を減らす

販売所で短期的にトレードを繰り返すと、1回ごとにスプレッドがかさんでしまうため、まずは算定基準となる取引量を最小限にするか、中長期運用に切り替えて取引回数自体を減らすのがおすすめです。また、そもそも初心者は将来的な値動きの分析が長けていないケースが多いことから、シンプルに損失を抱えてしまう可能性が高くなっています。

したがって、最初は少ない金額から始めて、経験と知識がついてきたら徐々に投資金額を増やすイメージで取り組んでみてください。

取引量の少ない通貨はなるべく選ばない

ビットコインやイーサリアムといった市場における取引量が大きい銘柄は、全体的な流動性に関しても高い特徴があります。したがって、スプレッドが相対的に狭いケースがほとんどですが、ここで注意したいのは比較的知名度の低いマイナーな銘柄です。

たとえば上場したばかりの仮想通貨や新サービスのネイティブトークンは参入している投資家自体が少ないことから、基本的にスプレッドが広く設定されており、結果的にコストが割高になってしまう可能性もあるでしょう。そういった背景を考慮すると、初心者のうちは一定以上の流動性が期待できるメジャーな銘柄に絞るのがおすすめです。

販売所ではなく取引所を使う

先ほど触れた通り、販売所は運営側が設定したスプレッドが適用されることから、プラットフォームを取引所に限定するのも1つの手段です。オファー価格のマッチングが成功しなければ約定されないデメリットはある一方、結果的なコストは削減できる可能性があるため、ぜひ利用してみてください。

まとめ

本記事では仮想通貨取引において最重要といっても過言ではないスプレッドの基礎知識とおすすめの取引所を解説してきました。現在は、国内だけでも多数の取引所が存在しており、それぞれが独自のサービスを行っていますが、まずチェックするべきなのは「見えない手数料」となるスプレッドです。

毎日の積み重ねが結果的に多大な損失に繋がる可能性もあるため、本記事を参考に低コストで運用できる仮想通貨取引所を選定してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close