おすすめ仮想通貨を一覧で紹介!今買うべき銘柄を見極めるポイントも解説

仮想通貨(暗号資産)と一概に言っても、実は多くの種類が存在します。どの銘柄を選ぶかによって、値動きなども違いますので明暗が分かれることも多いです。また、ビットコインなどの有名な銘柄があれば、草コインと呼ばれるこれから注目を集めるであろうマイナーな銘柄もあるのが事実です。

では、仮想通貨(暗号資産)にはどのような銘柄があるのでしょうか?この記事では、仮想通貨(暗号資産)の銘柄について解説します。

仮想通貨とは?

仮想通貨 とは

仮想通貨(暗号資産)は、ここ数年でよく耳にするようになったものです。実際に、仮想通貨(暗号資産)が誕生してまだ十年程度しか経過していないこともあって、特に最近になって注目されたことから耳にするようになったのです。

仮想通貨(暗号資産)は、以下のような特徴があります。

  • デジタルデータ上の通貨である
  • 発行上限がある
  • ブロックチェーン技術を活用している

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

デジタルデータ上の通貨

普段から使用している日本円などは、紙幣や硬貨があって支払うことが可能です。また、昨今ではキャッシュレス決済と呼ばれる、紙幣などを使用せずに支払う方法が主流となっています。仮想通貨(暗号資産)の場合、デジタルデータ上でのみ存在する通貨であって、法定通貨のように紙幣などの有形物が存在しません。

主にインターネット上での取引などで使用されることが多いデジタル通貨で、年々利用できるシーンが増えています。世界を見渡すと、なんと仮想通貨(暗号資産)のATMも存在しています。

発行上限がある

法定通貨の場合、価値を維持するために意図的に発行して市場に流通させるなどの措置が取られます。仮想通貨(暗号資産)の場合も、価値を安定化させるため様々な方法が採られますが、一方で基本的に発行数に上限があり上限内でのみ調整するスタイルを採用しています。

メジャーな銘柄であるビットコインでも、発行上限枚数は2,100万枚に設定されているのが特徴です。

ブロックチェーン技術を活用している

仮想通貨(暗号資産)では、ブロックチェーン技術を採用しているのが特徴です。ブロックチェーンとは、取引履歴について暗号技術を用いて過去から1本の鎖のようにつなげることによって、正確な取引履歴をキープしようとする技術のことです。

ブロックチェーン技術を用いることで、データの改ざんが困難となり、また不正利用されるリスクを低減することができます。デジタルデータと聞くと、どうしても危険なイメージがあるかもしれませんが、ブロックチェーン技術によって安全に取引できるのが仮想通貨(暗号資産)の魅力です。

主な仮想通貨の一覧

仮想通貨 一覧

仮想通貨(暗号資産)は、法定通貨と違って多くの種類が存在します。

主な仮想通貨(暗号資産)としては、次のようなものがあります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • テゾス(XTZ)

ここでは、各仮想通貨(暗号資産)の概要について解説します。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、世界で最も有名かつ取引量の多い仮想通貨(暗号資産)です。発行上限が2,100万枚に設定されており、約2021年末の段階で90%程度が発行・流通されています。

今でも、マイニングなどで発掘される作業が進んでいるのが特徴です。ビットコインは、2009年にネットワークがスタートしており、当初から暗号技術や分散システムが用いられていました。

ビットコインの開発には、サトシ・ナカモトさん関わっていますが、今では一切関与していないという点がとてもユニークです。ビットコインは、世界で初めて非中央集権のネットワークを確立したという点も、高く評価されています。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインと双璧をなす仮想通貨(暗号資産)です。ただ、単なる仮想通貨(暗号資産)という訳ではなく、イメージとしてはPCなどのOSのような作用を想定して開発されている点が特徴的です。

具体的には、スマートコントラクトと呼ばれる機能によって、ブロックチェーン上にアプリケーションを記録したり、契約の内容を保存できます。イーサリアムでは、1ブロックの承認時間は約15秒ととても早く、送金する際などに時間をかけずに行えます。また、ビットコインと違って発行上限数量が設定されていない点も特徴的です。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインは、主にオンラインゲームで用いられることが多い仮想通貨(暗号資産)です。オンラインゲームでは、ゲームを有利に進めるためにアイテムなどを購入する、いわゆる課金が行なわれます。

課金時に問題となるのが、支払方法です。そこで、課金も容易に行うために仮想通貨(暗号資産)が用いられ、その中でもエンジンコインが多く活用されているのです。

エンジンコインをベースとして、NFTを作成してアイテムの売買を行なうことができる点も、エンジンコインの特徴となっています。MicrosoftやSamsungと提携しており、多くの企業からも注目されている仮想通貨(暗号資産)です。

テゾス(XTZ)

テゾスは、2017年に取引が開始された仮想通貨(暗号資産)です。ハードフォークと呼ばれる、取引ルールを変更する必要がないために、価格が安定しやすいという特徴があります。また、LPoSというアルゴリズムの採用によって、ステーキングを行いやすい点も魅力的です。

ステーキングとは、仮想通貨(暗号資産)を保有しブロックチェーンのネットワークに参加するだけで、対価として報酬が得られる仕組みです。他にも、フランスの中央銀行において、テゾスを使用したブロックチェーンの実験が行なわれるなど、注目度が俄然アップしています。

今買うべき仮想通貨銘柄のポイント

買うべき仮想通貨 ポイント

これから仮想通貨(暗号資産)の取引を始めようとしている方にとって、どのような銘柄を選べば良いのか悩みますよね。ここでは、将来的に価格が上昇する銘柄を選ぶポイントについて解説します。

取引量が増えている銘柄

仮想通貨(暗号資産)では、単純に取引量が増えている銘柄であると、価値が上昇する傾向にあります。取引量の増加としては、例えば多くの取引所で取り扱うことによって、単純に取引される機会が増えるという傾向があります。草コインなどマイナーな仮想通貨(暗号資産)では、一部の取引所でしか取り扱われないのが一般的です。

その意味でも、流通量の多い仮想通貨(暗号資産)を選ぶのがベターとなります。他にも、有名企業と提携した場合などに、俄然注目を集めて価値が高まる傾向があります。

NFT関連の銘柄

仮想通貨(暗号資産)関連で、注目されているのがNFTです。NFTは、2021年のトレンドワードとなっており、NFTアートが高値で取引されたことは大きなニュースとして伝えられたのは記憶に新しいところですよね。

NFTでは、例えばゲーム内のアイテムを自分で作成して販売したり、物件を販売したりと現実社会に近い取引ができることで知られています。単純に、NFTに関連する銘柄を選べば、価値が高まる可能性があるのです。特に、エンジンコインのようにNFTと密接な関係のある銘柄を選ぶと良いでしょう。

さまざまな分野で注目されている銘柄

仮想通貨(暗号資産)は、様々な分野で活用されています。例えば、スマートコントラクトやブロックチェーンの性能の高さについては、世界的に注目されています。

仮想通貨(暗号資産)バブルによって価値を大きく上げたVergeという銘柄も、スマートコントラクトが実装される可能性が示唆された事によって、将来性を見込まれて価格が上昇したのです。今後も、新しいテクノロジーなどで各分野に展開できる可能性が高い仮想通貨(暗号資産)に注目するのも良いでしょう。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)は、今後も多くの銘柄が登場することが見込まれています。ただ、仮想通貨(暗号資産)だからと言って必ず価値が上がると言うことは言い切れず、過去多くの仮想通貨(暗号資産)が市場から消えていった事実があります。

今回紹介したようなポイントに注目して、価値が高まる可能性がある仮想通貨(暗号資産)を選んで取引することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close