仮想通貨購入時の手数料が安いのはどこ?おすすめの取引所4選を紹介!

「仮想通貨取引のどの場面で手数料が発生するの?」「手数料を抑える方法が知りたい」

このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方の向けて仮想通貨取引において手数料が発生するタイミングについて紹介し、コストを抑えるポイントとおすすめの取引所4選の説明をします。

仮想通貨取引で手数料がかかるタイミングとは?

仮想通貨 手数料 タイミング

仮想通貨取引で手数料がかかるタイミングは基本的に以下の3つです。

  • 日本円の入出金を行う時
  • 仮想通貨を購入、売却する時
  • 誰かに仮想通貨を送金する時

取引所によって手数料が変わりますので、各々確認しましょう。

日本円の入出金を行う時

仮想通貨を取引する際、資金を入金したり出金するだけでも手数料がかかる場合があります。

  • 即時入金
  • 振り込み入金
  • 指定した口座へ出金

以上の操作を行う時は確認をしましょう。仮想通貨取引所と提携しているインターネットバンキング口座を利用すれば、リアルタイムで取引口座に即時入金が反映されます。24時間対応している場合が仮想通貨取引をいつでも始めることができるので便利です。

振り込み入金は各仮想通貨取引所が取引用口座として指定してきた口座へ入金するサービスで、銀行ATMや窓口で行います。仮想通貨取引で得た利益を出金する際は入金してほしいい口座を設定し、出金申請を行ってください。一般的には申請した日の翌営業日に処理が完了する取引所が多いです。

仮想通貨を購入・売却する時

仮想通貨を購入、売却する時に手数料がかかります。

仮想通貨の売買取引を行う方法は主に以下の3つです。

  • 販売所形式
  • 取引所形式(現物取引)
  • 取引所形式(レバレッジ取引)

各仮想通貨取引所によってこの時にかかる手数料は大きく変わります。売買手数料が販売所形式で無料などの場合がありますので確認しましょう。この他にもロスカットになってしまったロスカット手数料、レバレッジをかけて取引をした際のレバレッジ手数料などがかかる場合があります。

誰かに仮想通貨を送金する時

仮想通貨を誰かに送金する際は手数料がかかる場合があります。この送金にかかる手数料ですが、各仮想通貨取引所によっても違いますが各種仮想通貨によっても変わることが多いです。

特定の銘柄の送金に関しては無料ですが、他の銘柄に関しては有料といった取引所もありますので送金を行う前に確認しましょう。せっかく仮想通貨を取引して利益が出ても、送金の手数料でコストがかかってしまってはもったいないです。

仮想通貨取引時の手数料を安く抑えるポイント

仮想通貨 手数料 安く抑える

仮想通貨を取引する際はのできるだけコストを抑えたい方が多いと思います。本記事では以下の3つのポイントを説明しますので、参考にしてください。

  • 提携銀行先を調べる
  • 購入したい通貨の取引手数料を把握する
  • 入金や出金の回数を減らす

提携銀行先を調べる

利用している仮想通貨取引所が提携している銀行を調べ、コストを抑えましょう。仮想通貨取引所が提携している銀行を利用して入金と出金を行うことで、他の銀行を利用する場合と比較して手数料が安い場合があります。

例えば日本国内大手の仮想通貨取引所「bitFler」では他の銀行では出金手数料が550円ですが、三井住友銀行を利用すれば220円で利用することが可能です。このように手数料を抑えることができますので、優遇される提携銀行は調べましょう。

購入したい通貨の取引手数料を把握する

購入する前に仮想通貨の取引手数料をそれぞれ確認し、把握することでコストを抑えることが可能です。多くの仮想通貨取引所では仮想通貨ごとに取引手数料を変えており手数料がかかる通貨と、それほどかからない通貨が存在します。

例えば前述した大手仮想通貨取引所「bitFlyer」の販売所ではビットコインの売買手数料は無料でその他のアルトコインは有料です。手数料がかからない通貨を選択することで費用を抑えることができますので、確認しましょう。

入金や出金の回数を減らす

入金や出金の回数を減らすことで費用を少なく抑えることが可能です。前述の通り資金を取引所の口座に入れたり出したりするだけで手数料がかかります。

そのためこまめに入金や出金を行うと手数料がその都度かかりコストを抑えることができません。入金と出金を行う際はまとめて行い、手数料を抑えるようにしましょう。それぞれの業者ごとに手数料が違い、前述の通り提携している銀行で手数料が変わるので確認してください。

手数料が安い仮想通貨取引所4選

手数料 安い 仮想通貨取引所

本記事が選出したおすすめの手数料が安い仮想通貨取引所を紹介します。

本記事では以下の4つの取引所を取り上げました。

  • コインチェック(Coincheck)
  • GMOコイン
  • DMMビットコイン
  • bitFlyer

それぞれの特徴を説明しますので参考にしてください。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)は国内でもトップクラスの仮想通貨取扱数を誇る取引所です。

コインチェックの手数料は以下の通りですので参照してください。

  • 販売所取引手数料:無料
  • 取引所取引手数料:無料
  • 入金手数料:銀行振り込み=無料、コンビニ入金=770円〜1,018円、クイック入金:770円〜
  • 出金手数料:407円

コインチェックは販売所、取引所ともに取引手数料が無料です。注意点として販売所では売値と買値の差額があり、その分がコストとしてかかります。

GMOコイン

GMOコインは証券などの金融サービスを提供するGMOインターネットグループ傘下の取引所です。

GMOコインの手数料は以下の通りですので参照してください。

  • 販売所取引手数料:無料
  • 取引所取引手数料:現物取引=−0.01%〜0.05%、レバレッジ取引=あり、ロスカット手数料=あり
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料

GMOコインでは入出金手数料が無料で利用できます。注意点として入金時の振り込み手数料は自己負担ですので気をつけましょう。

DMMビットコイン

DMMビットコインは取引所形式のサービスがなく、販売所形式のみを扱う仮想通貨取引所です。

DMMビットコインの手数料は以下の通りですので参照してください。

  • 販売所取引手数料:無料
  • レバレッジ手数料:あり
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料

DMMビットコインでは販売所形式のみのサービス提供ですが、レバレッジ取引を行うことができます。その際はレバレッジ手数料がかかりますので確認しましょう。

bitFlyer

bitFlyerはビットコインの取引量が国内トップの仮想通貨取引所です。販売所形式の他に4つの取引所形式があるので様々なニーズに対応できます。

bitFlyerの手数料は以下の通りですので参照してください。

  • 販売所取引手数料:無料
  • 取引所取引手数料:あり
  • 入金手数料:住信SBIネット銀行を利用で無料、その他銀行利用で330円
  • 出金手数料:三井住友銀行利用で220円〜440円、その他銀行利用で550円〜770円

bitFlyerは入出金手数料が提携している銀行によって変わります。販売所の取引手数料は無料ですが売値と買値の差額がコストです。

まとめ

本記事で紹介、説明した内容の要点は以下の通りです。

  • 仮想通貨取引では入出金、購入と売却、仮想通貨の送金をおこなった際に手数料が発生する
  • 手数料を抑えるには提携銀行と銘柄ごとにかかる手数料を確認し、資金の出し入れはまとめて行う
  • 本記事おすすめの取引所4選はコインチェック、GMOコイン、DMMビットコイン、bitFlyer

本記事を参考に仮想通貨取引の手数料を抑えていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close