仮想通貨のマイニングは難しい?具体的なやり方を徹底解説!

「仮想通貨のマイニングに興味がある」「マイニングを行うために必要な準備や具体的な方法について知りたい」本記事ではそういった疑問に対するお応え説明し、具体的なやり方やマイニングを行う際の注意点を紹介します。

  • マイニングとは仮想通貨取引を記録する作業
  • 具体的なやり方は3つある
  • 電気代や設備費などの費用がかかり、報酬が保証されていない

本記事では以上の内容を知ることができます。

仮想通貨のマイニングとは?

仮想通貨 マイニング とは

マイニングを簡単に説明しますと仮想通貨取引を行なった履歴を記録し、成功した場合は報酬として新発行される仮想通貨を貰う作業です。仮想通貨採掘と呼ばれることもあります。

マイニングを行う人は「マイナー」と呼ばれ、マイニングを成功させるためには世界中のマイナーと作業スピードの競争です。設備さえあれば個人でも参加することができます。

仮想通貨取引を記録する作業

マイニングとは仮想通貨取引を記録する作業ですが、具体的にどのような仕組みか詳しく説明します。仮想通貨は法定通貨とは違い、国や政府のような通貨の発行や流通を管理する機関がありません。

仮想通貨はブロックチェーンを利用して相互的に取引を記録することで不正を防いでいます。ブロックチェーンは取引の記録が鎖のように繋がっていき、更新される仕組みです。このため取引情報が連鎖的に記録されるので不正が起きにくいと言われます。

取引履歴を記録するシンプルな作業に思われますがマイニングは高度な演算が必要ですので簡単ではありません。マイニングの報酬として新しく発行される仮想通貨を得れますので、世界中から参加者が集まります。

世界中のマイナーと処理速度を競う

マイニングを行う際は世界中のマイナーと処理速度を競わなければいけません。マイニングを成功させて報酬をもらうことができるのは、処理作業を最初に完了した1人だけだからです。

前述の通りマイニングは高度な演算を用いて問題を解く必要があり、世界中のマイナーはコンピューターを利用して処理速度を高めます。1つの案件に対して報酬を得れるのは1人だけというルールなので、その競争はメジャーな仮想通貨ほど倍率が高いです。マイニングはいかに処理速度を上げるかがポイントと言えます。

設備さえあれば個人でも参加できる

マイニングはコンピューターなどの設備を揃えれば個人でも参加することが可能です。パソコンやスマートフォンからでも簡単に参加することができます。しかし現状では仮想通貨が世界中で注目されているため、参加者が急増しておりより高度な処理を素早くできるコンピューターが必要です。

中にはスーパーコンピューターを用いてマイニングを行う法人もあります。そのためメジャーな通貨は競争に勝ち抜くことが難しいです。個人でマイニングを行う場合は知名度の低い仮想通貨を選択すると難易度を下げることができます。

仮想通貨マイニングの具体的なやり方

仮想通貨 マイニング やり方

マイニングの具体的な手段として3つの方法があります。3つの方法の違いは個人でマイニングを行うか複数人で行うか人数の違いです。

マイニングを個人で行えば得られる報酬は高くないますが、その分マイニングの成功率は下がります。反対に複数人でマイニングを行うと成功率は高まりますが、報酬が分散されるので得られる報酬は少ないです。

ソロマイニング

取引記録の作業を1人だけで行う方法がソロマイニングです。作業を全て1人で行うので成功した際は報酬を独占することができます。メジャーな仮想通貨のマイニングに成功すれば高額な報酬を得ることができますので一攫千金のチャンスが最も高い方法です。

反面、1人でマイニングを行いますのでハイスペックなコンピューターなど設備の準備などの初期投資費用がかかります。メジャーな仮想通貨ほどマイニングの難易度が高いので、競合が少ない通貨銘柄を狙うなど工夫が必要です。

プールマイニング

プールマイニングはマイニングを複数人のチームで行う方法です。マイニングを複数人で行うことで処理速度を速くすることができますので、マイニングの成功率を高められます。マイニングが成功して得られる報酬はまずはチームの管理を行なっているマイナーが受け取り、その後チームで分散する仕組みです。

報酬額はどれだけチームに貢献したかによって変わり、より作業量をこなしたマイナーに多くの報酬が支払われます。利用するに手数料がかかる、場合によっては報酬がわずかになってしまうなどのデメリットもありますので気をつけましょう。

クラウドマイニング

クラウドマイニングは前述の方法と根本が違うマイニング方法です。前述の二つの方法を行う際は自身でパソコンなどの設備を揃え、手を動かさなければいけませんがクラウドマイニングは全て任せることができます。

クラウドマイニングはマイニングを行なっているチームに投資を行い、チームが成果を上げれた場合に投資額に合わせた報酬が支払われる仕組みです。ソロマイニングやクラウドマイニングのように機材を揃えたり、自身で作業する必要がないので手軽に始められます。

デメリットとしては手数料が他のマイニング方法と比べて割高です。

仮想通貨のマイニングを行う際の注意点

仮想通貨 マイニング 注意点

本記事では注意点として以下の3つを紹介します。マイニングは作業を行うことで仮想通貨を得ることができますが、そのために設備を揃えたりランニングコストなどの費用が必要です。

また作業を行なっても報酬が保証されていません。注意点について詳しく解説しますので参考にしてください。

電気代がかかる

マイニングを行うにはパソコンなどの機材を稼働させますので、ランニングコストとして電気代がかかります。場合によっては24時間の稼働もありますので電力の消費は大きいです。

2021年6月にケンブリッジ大学が発表したビットコインの年間推定電力省費量は世界中の約0.5%に相当し、日本に当てはめると約12%相当に匹敵します。仮想通貨の電力消費は各国で問題となり、中国では規制がされました。

このようにマイニングには多くの電力消費が必要で個人でおこなった場合にも電気代のコストは必要です。報酬に対して電気代で収支マイナスにならないように注意しましょう。

設備を揃えるためにまとまった資金が必要

ここまで説明したようにマイニングで多くの報酬を得るには、設備を揃える必要があるので初期費用がかかります。特にビットコインなどのメジャー通貨は世界中でマイニングが行われており、大きな資本を持って参入している法人もいますので対抗するには高性能の機材が必要です。

高性能パソコンやその他の付属品などのカスタマイズを含めて備品経費の相場は10万円〜30万円程が最低限必要とされています。万全の体制でスタートさせるために、初期費用をあらかじめ準備をしておきましょう。

必ず報酬が得られる訳ではない

マイニングは本記事で何度も説明した通り、作業を行なったからといって必ず報酬が得られるわけではないです。1件の案件に対して1人の参加者、もしくはチームにしか報酬を得る権利は与えられません。

世界中のマイナーがマイニングのスピードを競い合い、最も早く取引記録を処理することを目指しています。この作業を行うには費用がかかりますので、報酬を得られなければ収支がマイナスになり赤字です。

クラウドマイニングに関しても投資したチームが成果を挙げなければ報酬を貰えません。作業や投資に対してマイナス収支にあんる可能性がありますので気をつけましょう。

まとめ

仮想通貨のマイニングは仮想通貨の取引を記録することで報酬を得ることができる仕組みです。具体的なやり方として個人または複数人で行う、マイニングの作業を委託するなどの方法があります。

初期費用やランニングコストがかかったり、成功しなければ報酬が貰えないなどのリスクに注意しましょう。本記事を参考に取り組んでいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close