仮想通貨の仕組みとは?投資初心者が覚えておくべき知識を紹介!

仮想通貨(暗号資産)は、決済方法としてはまだまだ普及していないイメージがありますが、投機対象としては定着しています。値動きが激しいことから、利益が期待できる反面リスクも大きな点が仮想通貨(暗号資産)の特徴となっています。

では、そもそも仮想通貨(暗号資産)とはどのような仕組みによって成り立っているのでしょうか?この記事では、仮想通貨(暗号資産)の仕組みや取引する際のポイントについて解説します。

仮想通貨の特徴と仕組み

仮想通貨 特徴 仕組み

暗号資産は、米ドルやユーロ、日本円のような、いわゆる法定通貨ではありません。従来の発想ではなかったような思想に基づいて運用されている通貨なのです。

仮想通貨(暗号資産)の特徴と仕組みについて、詳しく解説します。

ブロックチェーンを活用している

仮想通貨(暗号資産)が、法定通貨と最も異なるポイントとしてブロックチェーンを使用した通貨である点が挙げられます。ブロックチェーンとは、取引履歴について暗号技術を活用し、過去のデータが1本の鎖のように連結して正確な取引履歴を維持しようとする技術です。

ブロックチェーンの特徴として、以下のような点が挙げられます。

  • データ破壊や改ざんが難しく安全性が高い
  • 障害によって停止する可能性が低い

ブロックチェーンの最大の特徴は、安全性が高い点です。特にデータ改ざんされるリスクが低いために、トレーダーからも高い信頼を寄せられています。

暗号化されたデジタル資産のひとつ

仮想通貨(暗号資産)の特徴として、暗号化されたデジタル通貨である点も見逃せません。キャッシュレス決済がトレンドになっている昨今、法定通貨のように実物の紙幣などを使用してなくても決済できるようになりました。

これも、デジタル資産の一つではありますが、仮想通貨(暗号資産)と大きく違う点は「暗号化された」デジタル資産である点です。暗号化技術によって、データ偽造や二重払いといったトラブルを回避できるのです。

これを実現できたのも、やはりブロックチェーン技術を取り入れたからこそと言えます。安心感が高いからこそ、多くのトレーダーだけでなく一般ユーザーも巻き込んで仮想通貨(暗号資産)に注目しているのです。

中央管理者がいない通貨

仮想通貨(暗号資産)では、中央管理者と呼ばれる通貨を管理する存在がいない点も特徴的です。米ドルや日本円などの法定通貨では、中央銀行などが発行通貨量をコントロールしており、価値を安定させています。また、状況に応じて柔軟に新規通貨を発行する役目を果たしています。

一方で、仮想通貨(暗号資産)では中央管理者に相当する存在がいないケースが大半です。プログラムによって通貨システムを運用しており、通貨の新規発行もプログラムが管理しています。ビットコインの開発者であるナカモトサトシ氏は、管理者が不在でもP2Pネットワークで機能する合意システムの開発を行い、今の形が成り立っています。

仮想通貨でできること

仮想通貨 できること

先に取り上げた項目以外でも、仮想通貨(暗号資産)によって実現できたことが多く存在します。これは、ユーザーにとっては利益につながることも多く、法定通貨ではなく仮想通貨(暗号資産)に投機対象を向けているという傾向があります。

仮想通貨(暗号資産)によってできる、主な項目について詳しく見ていきましょう。

24時間取引が可能

外国為替取引や株取引においては、市場の営業時間があるため常に取引できるわけではありません。外国為替取引を例にとると、時差の関係上オーストラリア市場が最初に市場を開き、その後日本市場や香港市場が開場します。その後、日本時間の夜にロンドン市場とアメリカ市場がスタートして、そのままオーストラリア市場が開場することで、24時間絶え間なく取引可能です。

ただ、外国為替取引の場合はクリスマスや正月、ボクシングデーなどのイベント時には閉場し、また土日は取引ができません。一方で、暗号資産取引の場合は24時間365日いつでも取引できる点が魅力的です。

海外にも簡単に送金できる

特に海外に向けて送金する機会が多い方にとって、仮想通貨(暗号資産)は魅力的な通貨です。通常、海外に向けて日本円や外貨を送金したい際には、銀行などの金融機関を介して送金するのが一般的です。

この際に、送金するためには多少複雑な申請が必要となり、送金完了するまでの時間がかかってしまいがちです。さらに、送金手数料がとても高いことから、容易く送金できる環境が整っていません。

仮想通貨(暗号資産)では、インターネット上で暗号化された電子通貨である関係上、瞬時に海外へ送金や決済することが可能です。また、金融機関を介さずに送金、決済ができるため、銀行送金と比較して手数料もお得です。

個人間で迅速な送金が可能

仮想通貨(暗号資産)の送金は、例えばインターネットショッピングでお店に代金を支払う際などに用いられることが多いです。他にも、個人間で気軽に送金することも容易である点が魅力となっています。

個人間の送金でも、金融機関を介することなく行えるのが魅力的です。イメージとしては、直接現金を手渡しするかのように、仮想通貨(暗号資産)を用いれば直接相手に支払うことができるのが魅力的です。

手数料は無料か少額であり、24時間365日対応が可能ですので、例えば海外留学している家族に仕送りを送るなどの方法で利用することもできますよ。

仮想通貨投資の初心者が覚えておくべきポイント

仮想通貨 初心者 ポイント

仮想通貨(暗号資産)をこれから取引しようと考えている初心者の方にとって、法定通貨と違って難しいイメージがあるのではないでしょうか?

取引次第では、大きな損失が発生する可能性もあるために、注意が必要です。ここでは、仮想通貨(暗号資産)の初心者が覚えておくべきポイントについて解説します。

レバレッジ取引で少額から大きな利益を生み出せる

仮想通貨(暗号資産)では、為替相場取引のようにレバレッジ取引が可能です。レバレッジ取引とは、てこの原理のように小さな力(資金)でも、大きな力(見かけ上の資金)で運用できる取引方法です。

例えば、10万円の資金があってレバレッジ4倍で取引した場合、40万円の資金として運用できます。少ない手元資金であっても、大きな資金として取引できる点が、レバレッジ取引の最大の魅力です。

利益を多く得られるチャンスがある反面、逆に損失額も大きくなるリスクがある点には留意が必要です。

他の投資より税金負担が重くなることがある

株式投資や為替通貨取引の場合、投資活動によって得られた利益に対して、申告分離課税が課税されます。一方で、仮想通貨(暗号資産)の取引で得た利益については、雑所得が課税されるのです。

申告分離課税の税率が一律約20%となりますが、雑所得は累進課税となっており約15%〜55%の税率がかかるのです。詳細な雑所得の割合は、以下の通りです。

課税される所得額 税率 控除額
195万円未満 5% なし
195万円以上330万円未満 10% 9万7,500円
330万円以上695万円未満 20% 45万7,500円
695万円以上900万円未満 23% 63万6,000円
900万円以上1,800万円未満 33% 153万6,000円
1,800万円以上4,000万円未満 40% 279万6,000円
4,000万円以上 45% 479万6,000円

最大55%と、株式投資や為替通貨取引よりも高く課税されるという点には注意が必要です。

価格の安定性は通貨によって異なる

為替取引でも同じですが、銘柄によって価値が大きく異なります。また、各銘柄によって安定性にも違いがあるのです。例えば、圧倒的に多くのトレーダーが取引している仮想通貨(暗号資産)の銘柄では、多少なりとも大口の取引があっても値動きに影響はしません。

一方で、草コインのようにこれから伸びる可能性がある銘柄の場合、まだ取引数が少ない中で比較的大きな取引をすると、結果として値動きに影響してしまうことがあります。もし安定的に取引したいのであれば、過去のチャートなどを見ながら最適な銘柄を選択する必要があります

まとめ

仮想通貨(暗号資産)は、今までの法定通貨にはない独自の考え方があります。また、データ改ざんなどが発生しにくく、比較的安心して取引できる点が魅力的です。

値動きが激しいこともあり、取引する際には常に注視しなければなりませんが、十分投資する価値があるものと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close