仮想通貨とは?初心者にもわかりやすく特徴・種類を解説

本記事では仮想通貨の特徴を解説し、具体的な使い道や主な仮想通貨の種類を紹介します。

本記事の概要は以下の通りです。

  • 仮想通貨とはこれまでの法定通貨とは違い、管理機関がなかったり発行数に制限がある
  • 仮想通貨の技術を利用してアプリ開発のプラットフォームになる
  • 仮想通貨で有名な銘柄にビットコインやイーサリアムなどがある

最後までご覧になり参考にしてください。

仮想通貨とは?

仮想通貨 とは

仮想通貨とはこれまで世界中で流通していた紙幣や硬貨とは違い、デジタルデータのみで取引がされる通貨です。日本では仮想通貨の正式な呼び方を「暗号資産」としています。

国や政府が価値を保証していない、電子通貨として暗号化されていることが仮想通貨の特徴です。国境を超えて取引されることから新たな外貨としても注目されています。

中央管理者が不要

これまでの通貨は国や政府といった明確な中央管理者が必要でしたが、仮想通貨には不要です。これは仮想通貨の基になるブロックチェーンの分散型管理が関係します。

ブロックチェーンで取り扱うデータの情報はインターネットを通じて世界中で共有され、取引履歴や保有者を確認することが可能です。国や政府が監視を行う法定通貨とは違い、ユーザー同士が互いに監視を行うため不正や改ざんが行われた場合はすぐに公になります。

このように仮想通貨ではユーザー全てが分散された管理者と言えますので、法定通貨のように国や政府などの中央管理者が不要です。

発行上限がある

仮想通貨には発行枚数の上限が設けられています。国や政府が発行枚数を管理し、国債を刷るなどし発行枚数を増やせる法定通貨と違う点です。

法定通貨の価値は国や政府が担保していますが、そういった後ろ盾がない仮想通貨は発行上限を設けることで希少性を生み出し価値を保っています。通貨の価値は流通量によって上下しますので市場に大量に出回れば通貨の価値は低下し、流通量が少なければ価値が上がる仕組みです。

法定通貨は国や政府が発行枚数や金利などで通貨価値を調整しています。仮想通貨はそういった発行量などを調節する機関が存在しないので、あらかじめ発行枚数の上限を決める必要がありました。

約2,000の銘柄がある

仮想通貨は約2,000種類の銘柄があります。ブロックチェーンを利用して誰でも仮想通貨を作ることができるので、今後も数が増えていく予想です。

しかし世界中の取引所では様々な種類の仮想通貨が取引されていますが、日本国内の取引所では一部の仮想通貨しか扱っていません。日本ではマネーロンダリングや利用者の安全を考慮し、金融庁が調査を行い安全性が認められた仮想通貨しか取引の許可を得られないからです。

現在では数十種類の仮想通貨のみ金融庁から許可が下りている状況なので、ほとんどの仮想通貨は国内取引所では扱うことができません。

仮想通貨の使い道

仮想通貨 使い道

仮想通貨の使い道は様々ですが、本記事では以下の3つを紹介し解説します。

  • 売買して利益を得る
  • 決済手段として活用する
  • アプリ開発のプラットフォームとして利用する

仮想通貨の使い道は銘柄によって変わってきます。そしてインターネットのサービスとも深く関わっていることがこれまでの通貨とは違う点です。

売買して利益を得る

世間によく認知されている仮想通貨の使い道は、売買して利益を得るということではないでしょうか。仮想通貨を株や不動産のような投資対象とし売買することは多くの方が行っていることです。

2018年頃に仮想通貨が急騰し、資産を大きく増やした方のニュースなども頻繁に流れました。株や不動産のように価格が安いうちに仮想通貨を購入し、価格が上がった時に売却して利益を上げることが可能です。

もちろん他の投資対象同様に必ずどの仮想通貨も利益が上がるわけではなく、逆に損失をしてしまう場合もあります。売買はリスクもある使い道ですので注意しましょう。

決済手段として活用する

仮想通貨は決済手段として活用することも可能です。日本では「改正資金決済法」が2017年4月1日に施行され、仮想通貨を利用した決済が法律として認められました。

現在はキャッシュレス化の流れと共に電子マネーやクレジットカードなどで決済できる場面が増えていますが、同じように仮想通貨で決済できる店舗も増えています。例えば日本の実店舗ではビックカメラが10万円までの金額であればビットコインでの支払いが可能です。決済方法も他の電子マネーと同じようにアプリを利用して簡単に支払いをすることができます。

アプリ開発のプラットフォームとして利用する

仮想通貨の使い道としてこれまでの通貨と大きく異なることが、アプリ開発のプラットフォームとして利用できるということです。仮想通貨に使われるグロックチェーンを応用して使い、インターネッのサービスを展開することができます。

注意点として全ての仮想通貨がアプリ開発のプラットフォームなどに向いているというわけではないです。利用できる銘柄として有名な仮想通貨は「イーサリアム」ですでに世界中でイーサリアムをベースとしたサービスが数多く展開されています。

プラットフォームとしてベースになる銘柄は今後、世界中の様々な場面で利用され発展していくでしょう。

主な仮想通貨の種類

仮想通貨 種類

本記事では主な仮想通貨の種類として以下の4つを紹介し、詳しく解説します。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • エンジンコイン

紹介する4つの仮想通貨はどれも日本国内の取引所で取引できる銘柄です。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは仮想通貨の中で時価総額最高を記録している銘柄です。世界中で最も取引されていることから仮想通貨の基軸通貨としての役割を担っており、ビットコインの価格が上昇すると仮想通貨の相場全体が影響を受ける時もあります。

決済機能に優れており、仮想通貨決済を導入している店舗では決済できる銘柄がビットコインであることが多いです。他の仮想通貨と比べると流動性が高く、全世界ほとんどの取引所が取り扱っています。

イーサリアム(ETH)

ビットコインと同様に時価総額が高い銘柄がイーサリアムです。前述しましたがイーサリアムはアプリ開発のプラットフォームのベースに利用されることが多く、その中で使われる仮想通貨のことを指します。

世界中が注目しているVRやNFT といった分野でも利用されており、イーサリアムをベースとした仮想通貨も多いことから更なる発展に期待です。日本をはじめ世界各国で利用されている有名プラットフォームとして「OpenSea」があります。

リップル(XRP)

リップルは世界中で取引が盛んに行われている銘柄の1つです。人気が高く、リップルを専門に取引する熱狂的な「リップラー」と呼ばれるユーザーも数多くいます。

リップルは国際送金機能を向上させることをテーマに開発されており、世界中の様々な金融機関と協力しながら進められてきました。プロジェクトは順調に進んでおり、今後実用化された場合は大きく価格が上がることに期待されています。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインはオンラインゲームのプラットフォーム「Enjin Platform」で利用できる銘柄です。Enjin Platformはマイクロソフト、サムスンなどの大手企業と提携をしており事業拡大が期待されています。

話題のNFTとも関連しており、2021年にNFTマーケットが盛り上がったことで価格が上昇しました。エンジンコインはこれから伸びると予想されている分野との関連性が高かったり、日本国内での取り扱い取引所が増えると予想されていることから注目の銘柄です。

まとめ

本記事では仮想通貨の特徴や使い道、銘柄の種類について紹介と解説を行ってきました。仮想通貨はこれまで世界中で流通していた通貨とは大きく違うことから、様々な可能性を秘めています。

世界中でキャッシュレスや電子マネーの普及が進む中、新しい通貨としてさらに仮想通貨の需要が高まる可能性は高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close