仮想通貨は儲かるのか?儲かる仕組みやリスクを解説!

仮想通貨(暗号資産)は、有名人も取引しており儲かるというイメージが強いのではないでしょうか?確かに、仮想通貨(暗号資産)の取引をうまく行えば利益を上げることができますが、それと同様にリスクも高いのが実情です。

では、仮想通貨(暗号資産)で儲けるためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?この記事では、仮想通貨(暗号資産)で儲かるための情報を紹介します。

仮想通貨で儲かる仕組みと方法

仮想通貨 儲かる仕組み

仮想通貨(暗号資産)では、主に以下の仕組みによって儲けることが可能です。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • マイニング
  • エアドロップ

それぞれの仕組みを理解することで、より安全に利益を出せるようになります。では、具体的に各仕組みについて見ていきましょう。

現物取引

最もスタンダードな取引方法として、現物取引があります。現物取引は至ってシンプルで、仮想通貨(暗号資産)を購入して値動きするのを待ち、価値が上がった適切なタイミングで売却して、購入時との金額差が利益として得られる仕組みです。

現物取引には、以下2つの取引方法があります。

  • 短期保有
  • 中期/長期保有

短期保有は、数日程度保有して売買する方式です。デイトレードという言葉をよく聞きますが、正しく短期保有がデイトレードというイメージそのものです。

短期保有の場合、数日間で結果が出るという点が最大のメリットです。中には、超短期で取引するスキャルピングなどの方法もあります。

一方で、短期保有の場合は常にチャートをチェックして最適なタイミングを見計らって売買しなければなりません。中期/長期保有は、数ヶ月などの長いスパンで取引する方法です。すぐに結果が出ないのが難点ですが、初心者でも取引しやすい方法となっています。

レバレッジ取引

レバレッジとは、日本では「てこの原理」とも呼ばれています。てこの原理は、小さな力を大きな力に変えることができますが、レバレッジ取引とは少ない資金でも見かけ上多くの資金を運用できる仕組みです。

口座に預けた証拠金を担保として、証拠金の2倍や4倍といった金額を取引できるのが魅力的です。少ない資金でも効率よく取引できて、また新規の売り注文から取引が可能になる点も見逃せません。

よって、今後価値が下がると見立てても、利益を出すことができます。利益を出せるチャンスがある反面、リスクも高い取引方法であり、取引は慎重に行う必要があります。

マイニング

仮想通貨(暗号資産)独自の考え方として、マイニングがあります。仮想通貨(暗号資産)では、一般的に第三者がネットワーク上で仮想通貨(暗号資産)を管理する仕組みを採用しています。第三者による取引の承認や確認作業のことを、マイニングと呼びます。

コンピュータで取引をチェックし、ブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に追記するマイニングを行うことで、仮想通貨(暗号資産)を獲得可能です。ただ、マイニングを行うためには高スペックなPCが必要で、また電気代などのランニングコストも多くかかります。

エアドロップ

エアドロップとは、主に取引所で開催されるイベントのことを指します。エアドロップでは、特定の条件を満たすことにより、無料で仮想通貨(暗号資産)を受け取ることが可能です。

エアドロップの例としては、次のようなものがあります。

  • SNSで決まった投稿をポストする
  • 特定の通貨を保有する

条件としては、決して難しくなく、誰でも手軽に参加できます。エアドロップは、市場価値が低めのマイナー通貨で実施されることが多いです。

これは、仮想通貨(暗号資産)の知名度を向上させるという意味で、プロモーションの一環として行われています。

仮想通貨で儲かると起こりうるリスク

仮想通貨 儲かる リスク

仮想通貨(暗号資産)で儲けると、主に次のようなリスクがあります。常に念頭を置いて、大切な資金を失わないように注意しましょう。

納税義務が生じる

仮想通貨(暗号資産)で一定の利益が出ると、納税しなければなりません。もし、仮想通貨(暗号資産)取引において20万円を超える利益が発生した場合には、確定申告が必要になる可能性があるのです。利益が所得とみなされるのは、口座に振り込まれるタイミングではありません。

仮想通貨(暗号資産)を売却したタイミングや、決済方法で利用した際、そして仮想通貨(暗号資産)同士を交換するタイミングが該当します。投資で得た利益については、確定申告によって生じた収入分の所得税を納付する必要があり、もし納税していないことが発覚した場合は申告漏れとして重加算税を課される可能性があるので注意してください。

資産が一瞬でなくなることがある

仮想通貨(暗号資産)の特徴として、為替取引以上に値動きが大きい点があります。あっという間に大きな利益が出る可能性がある反面、逆に一瞬のうちに値下がりして大損害を被る可能性があるのです。よって、常に価値が下がるリスクがあることを理解して取引する必要があります。

また、仮想通貨(暗号資産)は国家からの価値の保証がないために、もしブロックチェーンが破綻すると一切価値がないものに変化するのです。

取引所がハッキングされる可能性がある

仮想通貨(暗号資産)の取引所は、安全に取引できるように各種セキュリティ対策を施しています。ただ、ハッカーなどはそれを常に上回る攻撃を仕掛けてきて、いたちごっことなっているのです。

もし、取引所がハッキングされると勝手に取引されたり、せっかく稼いだ利益を不正に引き出されてしまう可能性があります。よって、取引所を選ぶ際にはセキュリティレベルが高く、また仮に不正アクセスによる被害を受けた場合に保証してもらえる取引所を選ぶとよいでしょう。

仮想通貨で儲かるためには?

仮想通貨 儲かる仕組み

実際に仮想通貨(暗号資産)を取引する上で、儲けるためにはどのような点を意識すれば良いのでしょうか?ここでは、仮想通貨(暗号資産)で儲けるためのテクニックを紹介します。

少額投資から始める

仮想通貨(暗号資産)で儲けるためには、まずは損失を如何に防ぐことができるかを考えるべきです。特に、まだ仮想通貨(暗号資産)の取引経験がない方が取引する場合、どのように取引して良いか分からないですよね。

確実に値下がりするシーンで購入したり、明らかに購入金額が多すぎたりすると、損失が膨らむばかりです。初心者の段階では、まずは少額投資を心がけて、取引に必要なスキルなどを習得していくことをおすすめします。これにより、損失を最小限に抑えることができます。

まずは取引量の多い通貨を購入する

仮想通貨(暗号資産)では、どの銘柄をターゲットに取引するのかを決める必要があります。草コインと呼ばれる、これから爆発的に価値を高める可能性がある銘柄を選べば、大きな利益を出せるチャンスがあります。ただ、マイナー銘柄はそのまま廃れてしまいケースもあるので要注意です。

そこで、初めて取引する場合はビットコインやイーサリアムなどのメジャーな銘柄を購入しましょう。メジャーな銘柄なら、取引する上で必要な情報が入手しやすく、また明らかに不自然な相場の動きも少ないというメリットがあります。

慣れてきたら取引手法を変えてみる

仮想通貨(暗号資産)の取引では、先に紹介したとおり様々な手法が用意されています。最初は現物取引で取引開始して、徐々に資金が増えてきて取引になれてきたら、レバレッジ取引に移行するのがよいでしょう。

また、相場を見ながら長期的に堅実な運用が有利と判断できれば、レンディングやステーキングといった確実性の高い取引方法に移行するのもおすすめです。自分の取引スタンスに応じて、最適な手法を見つけて実践しましょう。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)では、絶対に儲けるということはできません。ただ、取引方法を工夫したりリスクを排除しつつ投資できれば、利益を出せるチャンスは十分にあります。

今回紹介したテクニックなどをぜひ参考にしていただき、仮想通貨(暗号資産)取引で利益を上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close