仮想通貨をアプリで買うべき理由とおすすめの取引所を紹介!

仮想通貨(暗号資産)の取引は、一見すると難しいように見えますが、実際には高性能なPCなどは不要です。インターネット接続できるデバイスがあれば、誰でも簡単に取引可能です。また、取引所が用意したアプリを利用することで、効果的な運用を行えます。

では、仮想通貨(暗号資産)を取引できるアプリには、どのようなものがあるのでしょうか?この記事では、仮想通貨(暗号資産)の運用アプリについて解説します。

仮想通貨をアプリで買うべき理由

仮想通貨 買うべき理由

仮想通貨(暗号資産)を購入する際、一般的にはブラウザ版を利用することが多いです。ブラウザ版の場合は、システムにログインすればいつでも利用できるメリットがあります。

ただ、取引所で用意されたアプリを利用すれば、より効率よく取引できるのです。なぜ、アプリで仮想通貨(暗号資産)を買うのが良いのかについては、以下が理由となります。

場所を選ばずに取引できる

取引所のアプリは、基本的にスマートフォンにインストールして利用します。スマートフォンが便利な点としては、比較的高度な処理も小さなデバイスでありながら対応できる点にあります。

また、外出先でもインターネット接続できるために、取引所のアプリをインストールしておくことでどこでも取引が可能です。仮想通貨(暗号資産)の場合、短時間で大きな値動きが発生する場合があるため、常に予断を許さない状況が続きます。

そこで、外出先でも取引しなければならないケースが想定されますが、その際にアプリがあると安心感があります。

通知機能で急な値動き等に対応できる

アプリならではの便利な機能として、プッシュ機能があります。アプリによって通知できる内容が異なりますが、急な値動きが発生した際にアラームを上げる意味で通知することができます。

これによって、通知を受けた後に即座にアクションすれば、大きな損害を免れるケースもあるでしょう。逆に、狙っている方向に大きく値動きした場合に、決済することで利益確定のチャンスもあるのです。

他にも、アプリによっては仮想通貨(暗号資産)に関連するニュースを通知する機能があります。ニュースをしっかり確認すれば、より精度の高い取引が可能になります。

気軽に資産状況を確認できる

アプリ内の便利な機能として、資産状況の確認があります。現在どれだけの残高があって、今どの程度仮想通貨(暗号資産)を保有しているのかが一目瞭然です。

もう少し購入したいと思っていても、資金がなければ購入できませんよね。その点で、手軽に資金状況を確認できる点はアプリを利用することによるメリットとなります。

アプリによっては、資産状況をグラフ化したり分析できる機能もありますので、まだ取引を始めたばかりの方でも資産状況の把握が容易です。

おすすめの仮想通貨アプリ5選

仮想通貨 アプリ

仮想通貨(暗号資産)の取引所の中で、アプリを提供しているサービスとして次の5つが挙げられます。どれも、特徴的なアプリを導入していることもあって、しっかり比較して最適なサービスを利用しましょう。

コインチェック

コインチェックは、金融庁登録の仮想通貨(暗号資産)取引所として知られています。また、東証一部上場企業であるマネックスグループであることから、信頼感が高いです。コインチェックアプリでは、初心者の方から経験者の方にまで、幅広いユーザーに支持されているサービスです。

取り扱う仮想通貨(暗号資産)は、次の通りです。

  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリア
  • Enjin Coin

また、500円から少額購入できる点も魅力的です。CoincheckでんきやCoincheckガスなどの付属サービスも、アプリ経由で申込みできますよ。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、取引スタイルで選ぶ2つのモードが用意されており、取引初心者だけでなく本格的なトレードを行いたい方まで、1つのアプリで対応可能です。STモードでは、シンプルな資産管理画面を採用して、取引画面において簡単に現物取引を次項できます。

グラフィカルな資産管理画面で、シンプルな画面において簡単に売買できる点が魅力的です。EXモードでは、高機能なチャート画面でトレンドやオシレータ系の指標が利用できます。

GMOコイン

GMOコインのアプリも、2つのモードが用意されています。単純明快でシンプルに利用できるノーマルモードと、高機能チャートやアラート機能、ウィジェットまで利用できるトレーダーモードがあります。

2つのモードは、利用中にも容易に切り替え可能です。GMOコインで取り扱っている、すべての銘柄がアプリ上で取引できます。

前日の終値から大きく価格変動した場合に、プッシュ通知が配信される機能もあって、取引における大きな変化点が発生しても柔軟に対応できます。

ビットフライヤー

ビットフライヤーのアプリでは、100円と低額から購入可能で、また最短で即日に取引開始できます。安心して仮想通貨(暗号資産)を取引できるように、強固なセキュリティ体制を確保しているのが特徴です。

ビットコインをもらうというサービスを利用すれば、仮想通貨(暗号資産)をお得にもらえるのも良いですね。さらに、積み立て投資ができるので、積み立てすれば資産を増やすこともできます。

ログインするだけでビットコインが当たるログインボーナスプログラムなど、独自のキャンペーンも魅力的です。

LINE BITMAX

LINE BITMAXは、かんたんかつ安心、やさしさをすべての人に提供するサービスです。暗号資産貸出サービスによって、貸借料を得ることで利益につなげることもできます。

スマホでかんたん本人確認を利用することで、スマートフォンだけで口座開設できる点も良いですね。取扱通貨は6種類と決して多くありませんが、ビットコインやイーサリアム、リップルなど有名どころはしっかりと抑えています。

専用アプリの導入は不要で、LINEから起動させることができて便利です。

アプリで仮想通貨を購入する際の注意点

仮想通貨 購入 注意点

アプリで仮想通貨(暗号資産)を購入する場合に、手軽に購入できるなどのメリットがある反面、注意すべきポイントもあります。注意点を常に意識して、安全に取引できるかが重要です。

アプリで仮想通貨を購入する際の注意点として、次の3点を取り上げます。

スマホを紛失して情報が流出するリスクがある

アプリをインストールしたスマートフォンでは、基本ロックなどをかけて使用することになります。ロックも暗証番号を入力するタイプだけでなく、指紋認証や顔認証など本人でなければロック解除できないシステムが主流です。

もし、スマートフォンを紛失しても基本的には他人が開くことはできません。ただ、ロックの設定を緩くして使用している場合、もし紛失すると他人が利用できるリスクが高まります。

他人が、仮想通貨(暗号資産)アプリを利用して勝手に決済を行ったり、取引所に登録している個人情報が流出する可能性があります。スマートフォンは便利な反面、紛失した際のリスクがとても高い点に注意してください。

アプリ版をリリースしている取引所が限られている

仮想通貨(暗号資産)のアプリは、すべての取引所が用意されているわけではありません。基本的に、大手の取引所ではアプリがリリースされており、スマートフォンでも効率よくどこでも取引ができます。

一方で、中小の取引所ではアプリを開発するだけの資金面やリソースなどが理由となり、アプリ版はリリースされていないことが多いです。アプリ版がないために、ユーザーとしてはPC版やスマートフォンのブラウザ上で操作しなければなりません。

スマートフォンのブラウザ上で操作する場合、最適化されている場合は問題となりませんが、アプリ版と比較すると操作性が悪いなどの難点があります。

セキュリティに脆弱性を持つ場合がある

各取引所では、少しでも安全に仮想通貨(暗号資産)を取引できるように、万全のセキュリティ対策を行っています。特に、不正アクセスへの対応に力を入れており、ユーザーも安心して利用できる環境を整えているのです。アプリ版についても、安全に取引できるように各種対策が施されています。

一方で、その対策の隙を突くように新たな脅威が続々と誕生しており、いたちごっことなっているのです。特に、独自で開発したアプリを利用している取引所の場合、最新のセキュリティに対する脅威への対応が遅れ、セキュリティの脆弱性が問題となることがあります。

もし不正アクセスなどが発生すると、勝手に取引されたり個人情報が漏洩する可能性もあるので、要注意です。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)を取引する上で、アプリを活用するとより便利に取引することが可能です。すべての取引所でアプリが用意されているわけではなく、また各取引所でアプリの仕様が微妙に異なるので、使い勝手も千差万別です。

ただ、アプリを活用することによるメリットが高いので、積極的に活用して効率よく取引しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close