仮想通貨の種類はさまざま!仮想通貨の特徴とおすすめの種類も紹介!

本記事では仮想通貨についてよく分からない、投資先を探す上で仮想通貨の種類を知りたい方に向けて仮想通貨の特徴やおすすめの仮想通貨銘柄について具体的に紹介します。本記事を最後まで読んでいただければ仮想通貨の基本的な知識を得ることができますので、参考にしてください。

仮想通貨とは?

仮想通貨 とは

仮想通貨とはブロックチェーンの技術を利用したデジタルの通貨です。国や政府発行する通貨とは違い、データのみで取引を行います。

本記事では仮想通貨の特徴として以下の3つを挙げ、それぞれについて解説します。

中央管理者がいない通貨

仮想通貨は中央管理者がいない通貨です。仮想通貨はブロックチェーンの技術を利用し誰でも発行することができます。

これまでの円やドルといった通貨は国や政府が中央管理者で発行や管理を行なっていますが、仮想通貨は国や政府のような1つの中央管理者がいるのではありません。ブロックチェーン上に全ての取引履歴が残され、世界中のユーザー全てが管理者です。

この仕組みはこれまでの通貨が国や政府が管理する中央集権型と言われるのに対し、相互的に管理を行う分散型と言われています。中央管理者のいない仮想通貨は管理を相互に行うことで、改ざんなどの不正が起きにくい仕組みです。

他の通貨へ換金可能

仮想通貨は他の通貨へ換金することができます。仮想通貨もデジタルの通貨ですので、国や政府が発行している通貨と為替取引のように取引所を利用することで誰でも簡単に換金が可能です。

そのため仮想通貨を円やドルなどの通貨に換金するには取引所の口座を開設する必要があります。日本国内でも仮想通貨の取引所は増えており、手軽に口座を開設することができますのでまずはそちらを行いましょう。

海外にも仮想通貨取引所があり日本人でも口座を開設することは可能ですが、リスクもありますので注意してください。

発行上限がある

仮想通貨には発行上限があります。仮想通貨はあらかじめ通貨の発行枚数の上限を定めている銘柄もあり、発行上限に達したらその銘柄の発行は停止される仕組みです。

例えば仮想通貨の代表と言えるビットコインの発行上限は2,100万枚と決められており、2140年前後に発行上限に到達すると予想されています。円やドルなどの国や政府が発行している通貨にはこの発行上限がなく、国債を刷ることで発行することが可能です。

発行上限がある通貨ということも仮想通貨の大きな特徴で、これまでの通貨とは違う新しい通貨といえます。

購入する仮想通貨の種類を選ぶポイント

仮想通貨 選ぶポイント

本記事では購入する仮想通貨の種類を選ぶポイントとして以下の3つを挙げます。3つのポイントの共通点は信用性の高い銘柄を選ぶという点です。

まだ歴史の浅い仮想通貨ですので、ポイントを押さえ検討してください。

世界的に保有者が多い銘柄

仮想通貨は世界的に保有者が多い銘柄の方が安全性が高いです。前述の通り仮想通貨はブロックチェーンの技術を使い、世界中のユーザーが相互に管理しています。

そのため世界的に保有者が多ければその分、管理者が増えるのでより改ざんなどの不正取引が起きにくいです。世界的に保有者が多い銘柄は情報が手に入りやすいので、暴落などのリスク対策も行いやすいのではないでしょうか。

また仮想通貨は需要が無くなれば無価値にまってしまいます。保有者が多ければ価値が多少下がっても無価値になる可能性は低いので、安全性も高いです。

取引量の多い銘柄

仮想通貨を購入する際に取引量の多い銘柄を選ぶのもポイントです。取引量が多いということは流動性が高いということなので、保有している仮想通貨を売りたい時に売れる可能性が高いと言えます。

保有している仮想通貨を売りたくても買ってくれる人がいなくては取引は成立しません。取引量が多いということは市場で頻繁に取引がされている証拠なので、そういった銘柄を選ぶことは大切です。

仮想通貨はその特徴から誰でも発行を行うことができるため、全く取引量が少ない通貨から取引量が多い人気の通貨まで幅広く存在します。仮想通貨を選ぶ際は取引量を確認しましょう。

日本の取引所で購入できる銘柄

購入する仮想通貨の種類を選ぶ基準として日本の取引所で購入できる銘柄かどうかを確認しましょう。日本国内の仮想通貨取引所で取り扱える仮想通貨は金融庁が安全性を確認し、許可を出した銘柄のみを取り扱える決まりです。

つまり日本国内の取引所で購入できる銘柄は金融庁のチェックが入っており、安全性が確認されている銘柄のみです。そのため突然無価値になってしまうなどのリスクが低く、安心して保有することができます。

おすすめの仮想通貨10選

おすすめ 仮想通貨

本記事でおすすめする仮想通貨は以下の10種類です。どの仮想通貨も前述した購入する仮想通貨の種類を選ぶポイントを押さえています。

それぞれの特徴について解説しますので参考にしてください。

ビットコイン(BTC)

ビットコインとは仮想通貨を代表する有名銘柄の1つで、仮想通貨についてあまり詳しくない方でも名前は知っているのではないでしょうか。2009年から運用が開始されたとされ2021年現在、仮想通貨で最高の時価総額を誇っています。

その知名度からニュースに取り上げられることも多く、アメリカの有力企業「テスラ」が企業資産の一部でビットコインを購入したことも大きな話題でした。仮想通貨をリードする銘柄の1つですので、価格の動向は保有していなくても確認しましょう。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインと同じく世界中で盛んに取引が行われている人気の仮想通貨です。イーサリアムの特徴はブロックチエーンを利用したアプリケーションを作成することが可能なことで、イーサリアムを利用した様々なプラットフォームが誕生しています。

その中でも「NFT」という新しい分野でもイーサリアムが利用され注目されました。2021年はイーサリアム史上最高値の更新をするなど今後の需要拡大に期待されます。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインもイーサリアムと同じくNFTなどに利用されることから大きな注目を集めています。世界の大企業(マイクロソフトやサムスンなど)とも提携を行なっており、人気の銘柄です。

2021年はNFTに関連する仮想通貨がより注目されていること、日本大手の仮想通貨取引所「コインチェック」「GMOコイン」での取り扱いが開始されたこともあり最高値を記録しています。今後取り扱う取引所が増えればさらに需要が高まる予想です。

リップル(XRP)

リップルは元々はアメリカの企業「リップル社」が開発した送金システムも名称で、その中で使用される仮想通貨をリップルと呼ぶようになりました。リップルは発行上限が多いことでも知られており、1,000億枚が発行上限です。

この発行上限はビットコインの2,100万枚と比較して5000倍ですので多いことが分かります。この理由としてはリップルは元々国際送金システムの市場で利用することが目的だったためです。送金サービスの将来性と共に仮想通貨としての需要も期待されています。

ネム(NEM)

ネムははセキュリティが高いことでも知られ、仮想通貨の銘柄の中でも安全性が評価されています。以前コインチェックでネムが流出してしまう事件がありましたが、この事件はコインチェックの不備が原因でネムのセキュリティの問題ではありませんでした。

海外のサイバーセキュリティ関連会社もネムの安全性を評価しています。ネムの発行上限は89億9,999万9,999枚と設定されていましたが、すでに全て発行済みです。そのため今後新しくネムが発行されることはないので、デフレの心配はないと言えます。

ポルカドット(DOT)

ポルカドットは世界中で様々なプロジェクトに関連しており、将来性が期待されている銘柄です。ブロックチェーンを構築することが比較的容易なことからイーサリアムのように様々なプラットフォームの開発に利用できることから、需要が高まっています。

イーサリアムのデメリットとして手数料が高いということがありますが、ポルカドットで代用することでそのデメリットを解消することが可能です。このことから世界中でポルカドットの今後に注目が集まっています。

ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインを応用して作成された仮想通貨です。ビットコインより素早い決済処理ができることが特徴で、需要が高まりました。2020年以降に価格が上昇し2021年12月現在も勢いがあります。

ビットコインと比較して送金や決済方法として優れているライトコインは、将来性を見込んで購入する方が多いです。1年で5倍の価格上昇があるなど値動きが大きい銘柄でもあります。

クアンタム(QTUM)

クアンタムはビットコインとイーサリアムの技術を併せ持つ仮想通貨です。これまではこの2つの銘柄の技術を併せることは困難だとされていましたが、クアンタムの開発で成功させることができました。

このことが評価されクアンタムの価格は上昇しています。クアンタムの価格はビットコインの状況に影響されやすいと言われており、今後は短い期間ではなく中長期での変動予想が多いです。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュはビットコインの仕様変更により誕生した仮想通貨です。名前は同じくビットコインと付きますが、価格や性能は異なります。しかし価格の変動に関してはビットコインに連動することも多く、ビットコインの価格上昇で一緒に価格が上がりました。

ビットコインキャッシュはアップデートが定期的に行われ、性能が更新されています。海外では決済で利用している事例もあり今後に期待されています。

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックはイーサリアムのハッキング事件がきっかけで誕生した仮想通貨です。イーサリリアムクラシックはイーサリアムと似た性質がありますが、発行上限やセキュリティ性能などで違いがあります。

発行上限のないイーサリアムに比べて価格上昇が予想できるのではという声も上がっており、これからの価格上昇に期待です。しかしイーサリアムと同様に他の銘柄と比べてハッキング対策が弱いという課題もありますので、今後の対応に注目しましょう。

まとめ

本記事では仮想通貨への投資をこれから始めたい方や、基礎的なことを知りたい方に向けて仮想通貨の特徴やおすすめ銘柄を紹介しました。仮想通貨とはこれまでの国や政府が発行していた通貨とは違う性質を持ったデジタル通貨です。

様々な銘柄がありますが選ぶ際は信用性の高い銘柄を選びましょう。各銘柄の特徴については本記事を参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close